福岡での看護師転職

私は福岡県北九州市で看護師として大学病院で勤めています。

福岡県北九州市は博多の次に都会だと思います。

そんな中大学病院の脳外科で働いています。

業務は正直言って多忙の一言で、忙しさのあまり精神的にいっぱいいっぱいになってしまっています。命を預かる仕事なのでもちろん責任感をもって努めなければなりません。大変なのもあたりまえだと思います。

 

けど、今の業務はどうも私にあっていないのではないかと思い始めました。ですので、今後転職を視野に入れて働いていこうと思います。転職と言っても看護師を辞めるわけでは無く、違う病院やクリニックで働こうと思っています。

 

今の仕事はとても重要な仕事で私の看護師人生の中で大きな財産になると思います。けど、仕事以外の人生ではありません。他にも色々な経験を若いうちにしたいと思っています。ですので、転職を決意しました。看護師転職福岡というサイトを見つけました。そのサイトは福岡県内の看護師情報がかなり多く掲載されていて、本当に役に立つサイトです。このサイトから、色々と転職あたっての情報をゲットして次の働き先を決めたいと思います。今の世の中ネットがあるので、本当に便利です。こんな時代に生まれて良かったです☆

看護師さんがくれた春

子どもがお世話になっていた病院でのことです。
冬から入院することになったものの、治療が予想外に長引いてしまい、季節は春に移り変わりました。しかし、娘は病院から出ることができなかったため、楽しみにしていた桜を見ることもできず、毎日ベッドの上で窓の外を眺めて暮らしていました。
ところがある日、私が面会に病院を訪れると、眠っている娘のベッドサイドに1枚の画用紙が置いてあるのを見つけました。なんだろうと手に取ると、画用紙には桜の花びらの形に切り抜かれたピンクの色画用紙がたくさん貼り付けられ、手書きの文字で「○○ちゃんへ 今年も桜のきせつがきたね」とのメッセージが。娘をとてもかわいがってくださっていた看護師さんが、なかなか春を楽しむことができなくなってしょげていた娘のために、夜勤の時間を使って、手作りのメッセージカードを作って下さったのです。
娘は本当に喜んで、それから退院までの間、カードを手にとって何度も眺めてニコニコしていました。
その後、咲いていた桜は散ってしまいましたが、娘は散らない桜のカードと一緒に無事に退院することができました。
本当によい看護は身体だけでなく心のケアもしてくれるのだなということを身にしみて感じた出来事でした。看護師求人呉市のサイトにはそんな素敵な看護師さんの求人サイトがたくさん掲載されいますよ!

入院中の生活が結構暇です

数年前、大学病院で検査入院したことがあります。病院の食事をもってきてくれる看護師さんがすごく優しかったです。病院で楽しいことといったら食事くらいなので、看護師さんが天使のように見えました。食事のメニューでは特にこれが美味しかったと記憶していませんが、いつも患者さんと「ご飯美味いね」と話していたような気がします。その他に、暇つぶしで編み物をしていました。延々とコースターを編んではほどくという、なんとも言えない暇つぶしです。他の患者さんにもらった毛糸だったので、ほどいて、また編んでいました。ぶっちゃけ飽きます。ほどく時の顔が怖いと言われたこともあります。小学生からのあだ名はスネークでした。蛇です。相手は小学生だから黙っていようと思っていたけれど、つい表情に出てしまうようで余計に印象が悪くなっていました。退院するときは「スネーク、退院するってよ」と聞こえ、小学生を初めてぶん殴ってやろうと思いました。病院生活が長くなると性格も歪んでしまうのかもしれません。2か月間でしたが、いろいろありました。今、入院するなら本を持っていきたいです。優しい女性が読んでそうな本はどんな本かと時々書店に行くことがあります。長い入院生活です。何か楽しみがないと性格も歪んでいくので気をつけた方がいいです。看護師求人枚方市というサイト天使のような看護師さんの枚方市内での求人情報が多彩に載っています。他にも医療事情についてもかなり様々に掲載されているので、本当に必見だと思いますよ。

健康診断で脳貧血を起こした時の看護師さんの優しい対応

会社の定期健康診断での出来事ですが、私はもともと毎回健康診断で貧血と判定されます。採血の時、看護師さんは必ず「注射で気分が悪くなったことはありますか?」と訊いてくれると思いますが、注射が嫌いな私は毎回気分が悪くなるのですがそれを申告したところで注射を止めてくれるわけではないと子供じみた考えがあったので毎回大丈夫です、と答えてそのまま注射してもらっていました。しかし、去年の定期健康診断の採血の際にいつも通りそのまま注射してもらったら、気分がいつもよりも悪くなり次の診断への移動途中で余程顔色が悪かったようで看護師さんに「大丈夫ですか?」と声をかけられ、近くの簡易ベッドに寝かしてもらいました。私がボーとしてる間に別の看護師さんがテキパキと血圧を測ってくれて、どうやら急激に血圧が下がっていたようでした。そこからしばらく気分がよくなるまで寝かしてもらいました。その時看護師さんに「今度から採血の時は気分が悪くなるって言ってくれたら寝た状態で注射する」と言われました。その時まで注射の際、気分が悪くなるかどうか訊いている意味が解らなかったので今度からはきちんと申告しようと思いました。また、脳貧血という言葉はあまり知られていないと思うので、もっと広まればいいのではないかと思いました。看護師求人尼崎市には現在の尼崎市内の医療情報が詳細に書かれております。兵庫県尼崎在住の方は、看護師の求人を探している方のみならず、見てみると良いかと思います。こんなお役立ちサイトが無料で見れる世の中は良い世の中になっていると個人的には思います。

初体験に産後の体型変化で苦い思い出それでもいい経験

初めての育児の中で腰に負担があったのか、数年ぶりのギックリ腰で整形外科へ行きました。地元の方に人気のようで午後の診療が始まる前から受付をされた方が多く待っており、私自身も初めての利用で不安ばかりで受付を済ませ待っていました。多くの受付を済ませた方をスムーズに看護師の方が担当ごとに事前のやりとりをこなしていき私も症状と経緯をお話しをした後でギックリ腰になった際にどのようにすると負担が掛かりにくいか、日常生活での注意など冊子を見ながら説明をしてくれました。実際に診察の番になった際には、育児経験をされた先輩の看護師さんが一緒で大変な時期だということや負担がない生活は避けることが出来ないことを先生との会話の中でした結果、注射を打ってコルセットをし様子を見ることになりました。腰に注射を打つことが人生で初めてだった為に大人気ないほど内心、痛くないのだろうか、怖いという思いがありました。そんな私の心境を察した先生と看護師さんが話題を振ってくれたのであっさりと済ませることが出来た一面もありました。そして、コルセットを利用する為のサイズ調整する際に産後の体型変化が私に衝撃を与えました。サイズを担当の方と測っていくと出産前に使用していたコルセットからサイズが2サイズも上がっていたので正直へこみました。やりとりの中でこの時に担当してくださった方も女性で育児経験をされた先輩だったので、体型変化でショックを受けていた私を大丈夫、まだ若いから自然に子供が大きく慣れば落ちていくものよ?私みたいにおばさんになるとそうはいかないからダメなんだけどね。と笑い話を混ぜて和ませてくれました。そして、今現在再び軽いギックリ腰をしてしまいましたが、その時の言葉通りに今では産前の状態に戻り、育児経験をされた先輩看護師さん方が居てくれたおかげで辛かったけれど、いい思い出に変わって残っています。看護師求人明石市ではたくさんの医療情報が掲載されています。私は兵庫県明石市に住んでいて、看護師さんのことについて色々と知ることができました。医療を利用する側も見てみる価値はあると思いますよ。

看護師さんの暖かな手は命を救う。

私は以前、下顎に腫瘍を患っていました。摘出した現在はあれが良性腫瘍だったことがわかっていますが、レントゲンで発見した当初は悪性の可能性もあり、治療も慎重に行われました。最初は虫歯かと思い歯医者に行ったことで発覚し、それから口腔外科のある大学病院に通院することになりました。その病院ではとても優しそうな男性の医師の方に担当してもらいました。腫瘍がある部分が下顎というとても治療しづらい箇所にあるので、一度に摘出することができず、開窓手術を何度もした後に摘出手術をすることになりました。開窓手術というのは、腫瘍が骨や肉に圧迫されている状態をどうにかするために外から穴をあけて、腫瘍への圧迫状態を和らげてその状態を維持することで、徐々に腫瘍の大きさを小さくしていくというものでした。初めてその手術内容を聞いたとき、高校生だった私は、人体に穴をあけてしかもそれを塞がないように一年ほど維持するという、大胆な手術内容に完全におびえていました。しかしよくよく話を聞いてみると、穴は直径一センチほどの小さなものでよく、口の中から穴をあけるため、外からみてわかるようなものではないとわかり少し安心しました。それから数日後に最初の開窓手術が行われました。歯医者のリクライニングチェアーのようなものに横になり、口の中だけの部分麻酔をして手術が始まりました。意識ははっきりとあったので、先生が麻酔をかけた後に最初に持ち出した器具もはっきり視認できてしまいました。先生はドラマでしか見たことのないようなメスを手に取り、私の口の中の肉をステーキのように切り取って、机の上の小瓶の中に入れていきました。その時点で私の心電図は乱れ始めていたのですが、辛うじて痛みがない事と、目をつぶって見ないようにすることで気を取り直しました。しかし一通り穴が開いた後に先生が次に取り出した器具は、なんと電動ドリルでした。先生はそのドリルを使って私のあごの骨を内側から削っていきました。今度は目をつぶっていても、頭の裏まで振動が伝わってきていたので、私は完全に気が動転してしまいました。さらに自分が大量に出血していることもそのあたりで気づいてしまって、私の心電図はみるみるうちに乱れていきました。そして気を失いそうになっている時に、先生は私の手を握って脈を図り、さらに勇気づけの言葉をかけてくれました。しかしそれでも私は完全にブラックアウト寸前でした。そこで先生も他の作戦をとるために手を放した時、それと代わるように他の人が私の手を握りました。さっきまでの手とは違い、とても柔らかくて暖かい手でした。ぎりぎりの意識の中で目を開けると、そこにいたのはその病院の受付でよく出会う、美人な看護師さんでした。それを確認した瞬間に私の意識はみるみる回復していき、心電図は安定していきました。そしてその看護師さんは「よかったよかった」とだけ言ってまたどこかへ行ってしまいました。あの時なぜ私の手術にあの看護師さんが居たのか、いつからあの場所にいたのか、よく思い出せませんが、手のぬくもりだけは何となく覚えているような気でいます。そしてその時に私は、看護師さんの手は偉大だな、という思いとともに、男子高校生の単純さにも改めて呆れたのです。看護師求人津市ではそんな崇高な職業看護師さんについての求人情報はもちろん医療事情についても詳細に書かれています。

耳鼻科での子供のはなし

子供が先日、耳の鼓膜を傷つけてしまい耳鼻科へ行きました。それ以降2日に一度は通い治療していましたが、恐怖になってしまったのか毎回病院へ着いたら大泣きで暴れまわり、それはそれはとても手に負えない日々でした。通い出して1週間経つ頃、いつも混んではいるのですがその日はいつも以上に病院はとても混んでおりまたしばらく待たされる上愚図るのをなだめなければいけないんだろうなと憂鬱な気持ちでいると、子供も諦めが着いたのか大人しく私に抱っこされ震えてはいましたが愚図ることなくじっとしていました。それから数分が経過しあまりにも大人しいので顔を覗き込むと、なんと寝てしまっていました。有り難や有り難や、待ち時間に寝てくれるとは、親にとってはどれほど楽か、それはまさに天にも昇る心地でした。
結局1時間以上待たされましたがその間、子供はぐっすりと寝てくれていて、本当に助かりました。そして、やっと名前を呼ばれ子供を抱いたまま診察室へ向かいました。診てもらう時は起こさないといけないなと思って、ゆり起こすと今まで天使のようにスヤスヤ気持ちよく寝ていた子の顔は起きた途端に、恐怖にみちたまさに血の気が引いた表情になり、今まで以上に凄まじく暴れまわり体力と精神力を一気に奪われました。やはり、子育てはそう簡単には上手くはいかないんだなと思う一日でした。看護師求人松江市ではそんな医療情報が多く掲載されていますよ!

初めての入院と手術で

健康そのものだった私ですが、便秘が続いてお腹をさすっていた時に大きなコブのようなものを発見、当時は海外にいたためすぐに帰国することもできず、数ヶ月放置していました。帰国してすぐ病院に行くと直径10センチを超える子宮筋腫があり、ほかにも子分のような小さいのがたくさんあるとのことで、手術していただくことになりました。
親分はかなりの大きさだったので、半年間薬で小さくしてから手術になります。毎月注射に病院に行くのですが、これまで病院とは無縁だった私は、まずその処置室に驚きました。まるで銀行なんです。カウンターがあり、順番に呼ばれるまで備え付けの雑誌なんか読みながら座り心地の良いソファーで待つのです。そして自分の番がくると、カウンター越しに腕を差し出し、名前と、どんな病気か、どんな注射か、確認します。その処置室の看護師さんたちは毎回同じ顔ぶれでしたので来る日も来る日も注射担当なのでしょうか、皆さんとても上手に打ってくださいました。半年経つ頃にはすっかり更年期障害のような症状になり、これが噂の!と、更年期障害と闘っている方たちの気持ちを少しは理解できるかなと感じました。
いよいよ手術の日になり、不安を拭ってくれるような優しい対応で案内されて手術室へ向かうと、心地よいクラシック音楽が流れていて、手術台は暖かく、執刀医の先生に「今日は一緒に頑張ろう!」と励ましていただき、その後よくドラマなどで演じられるように、麻酔が打たれ、気がつくと病室、でした。目が覚めた瞬間お腹に鋭い痛みが走ったのですが、看護師さんがすぐに、「痛いよね、痛いよね、心配しなくていいからね」と言ってくださったことは忘れられません。どうしようもない痛みでしたが、それをわかってくれるという安心感がわき、感情移入ってすごい力なんだなと感じました。その晩は一晩中痛みとの闘いでした。もし今災害が起こったらどうしよう、大地震が起きたら歩けないし、どうしようという不安な気持ちにも襲われました。こんな時は本当に人間は無力です。でもナースコールをするたびに夜中にもかかわらず看護師さんたちは寝返りを打つのを助けてくださりありがたく感じました。
徐々に動くように言われリハビリが始まると、病棟を歩いている同志がたくさんいることに気づきました。あるご婦人とご一緒させてもらうことになり、お話を聞いていると、その方はガンで、もう何度もこういう痛ましい経験をされているようでした。慣れたわ、と明るく振舞っておられましたが、ご本人も、ご家族もお辛いだろうと思いました。彼女の歩くスピードはかなり早くて、暫くすると私はついていけなかったので先に病室に戻って休ませてもらうことにしました。病気のない世界があればどんなにいいか、と考えさせられました。
その後は順調に回復し、無事退院しましたが、今回のこの入院を通して医療関係者の方たちのご苦労や、病気と闘っている方たちの辛さなどをほんの一部分にすぎませんがしることができて、今後の人生の糧になったらいいなと思いました。看護師転職保健師のサイトにはそんな医療関係で働く方の悩みなどが書かれていて、お世話になる私たちとしても悩みを共有すべき問題が多いと思いました。ただ利用者として病院やクリニックに触れるだけではなく、そこで働く方の気持ちについても考えるいいきっかけになりました。気になる方は一度ご覧ください。

眠れなかった初めての入院

当時、小学三年生に進級したばかりの私は、先天性の疾患が悪化し入院、手術することになりました。
本来その病気は絶対に手術が必要なものではなく、悪化した場合手術で取り除くといったものなのですが
全身麻酔を使った手術のため、まだ子供の私には少々リスクがあるといった病院からの説明を聞き
小さいながらも理解した私はとても不安でした。
また、小児病棟ではなく一般病棟だったので、6人部屋の病室は私以外は大人からお年寄りの方でした。
初めての入院、共働きだった両親は毎日来れるはずもなく、周りは大人ばかり。
とても心細く、寂しかったのを覚えています。
夜は寝られずにテレビを見ていましたが、同じ病室の方に怒られ、夜のテレビは禁止になりました。
当時は携帯ゲーム機も今みたいにはありませんでしたから、私はいよいよ夜が寝られなくなってしまいました。
たまりかねた私はある夜、ナースステーションに行き、いつもお世話をしてくれていた看護師さんに「怖くて寝れない」と泣きつきました。
するとその看護師さんはその夜から、私が寝れない時には毎回私の相手をしてくれるようになったのです。
今思えば、夜勤でもやることはたくさんあっただろうに、その看護師さんはいやな顔一つせず、お話してくれていました。
私はすっかりその看護師さんになついて、折り紙をプレゼントしたりしていました。
手術も成功し、退院まで本当によくしてもらいました。
その看護師さんのおかげで私は初めての入院、手術を乗り越えられました。
もう一度会えるなら、ありがとうと伝えたいです。

看護師求人いわき市ではそんな素敵な職業看護師について詳しく書かれていますよ!もちろん私の街いわき市の医療情報も満載なので、いわき市民にはとても役に立つサイトですよ!

入院4人部屋での悲劇

待ちに待った初めての妊娠が子宮外妊娠でありました。個人病院では明確にならずに大きい病院に移り診断していただき即入院の即日手術という壮絶な体験をしました。当時は体の痛みと精神的な痛みのダブルパンチで正直入院していた部屋でも一人になったとたん涙があふれて止まらなかったことを今でも覚えています。そんな落ち込んでいた私の部屋は産科ではなく婦人科系の疾患で入院している女性の方たちでした。最初わたしの隣のベットはあいておりましたが私が入院てから2日後に新しい方が入ってこられました。そこから、わたしの悲劇の入院生活が始まりました。そのお隣のお方なんせお下品なかたでございましてげっぷ、おならは日常茶飯事でした。そして夜中になるとガサゴソガサゴソとナイロン袋の開ける音がして。あげくには何かを食べているのです。もうわたしは寝られないは。悲しいやら傷が痛むやらでもういろんな意味で涙が止まりませんでした。担当の先生が午前中に様子を見に来てくれるのですが、そのお隣の方が先生にしきりに「食欲がない」とアピールしているではありませんか。わたしはもう。あきれるやら可笑しいやら、悲しいやらでもうイライラしてカーテンをあけて言ってしまおうかとまでおもいましたが、そこはさすがにわたしも我慢、我慢でした。とにかく、そんな病院での入院生活はもうこりごりでございます。看護師求人市川市の情報サイトでは市川市内の病院の事情について細かく書かれていて、市川市在住としては本当に助かります。

看護師さんの求人についても書かれていて、看護師不足が叫ばれる昨今とても役に立つサイトになっているのではないでしょうか。