健康診断で脳貧血を起こした時の看護師さんの優しい対応

会社の定期健康診断での出来事ですが、私はもともと毎回健康診断で貧血と判定されます。採血の時、看護師さんは必ず「注射で気分が悪くなったことはありますか?」と訊いてくれると思いますが、注射が嫌いな私は毎回気分が悪くなるのですがそれを申告したところで注射を止めてくれるわけではないと子供じみた考えがあったので毎回大丈夫です、と答えてそのまま注射してもらっていました。しかし、去年の定期健康診断の採血の際にいつも通りそのまま注射してもらったら、気分がいつもよりも悪くなり次の診断への移動途中で余程顔色が悪かったようで看護師さんに「大丈夫ですか?」と声をかけられ、近くの簡易ベッドに寝かしてもらいました。私がボーとしてる間に別の看護師さんがテキパキと血圧を測ってくれて、どうやら急激に血圧が下がっていたようでした。そこからしばらく気分がよくなるまで寝かしてもらいました。その時看護師さんに「今度から採血の時は気分が悪くなるって言ってくれたら寝た状態で注射する」と言われました。その時まで注射の際、気分が悪くなるかどうか訊いている意味が解らなかったので今度からはきちんと申告しようと思いました。また、脳貧血という言葉はあまり知られていないと思うので、もっと広まればいいのではないかと思いました。看護師求人尼崎市には現在の尼崎市内の医療情報が詳細に書かれております。兵庫県尼崎在住の方は、看護師の求人を探している方のみならず、見てみると良いかと思います。こんなお役立ちサイトが無料で見れる世の中は良い世の中になっていると個人的には思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です